« January 2006 | Main | March 2006 »

February 28, 2006

最先端のアタシ

久しぶりに母の話し相手でもしてこようと思い
三日ほど実家に帰った
しかし初日の夜からどんよりとした吐き気
次の朝からは起き上がれず、ダラダラゴロゴロして
母のおかゆを食べて帰ってきた

たまにはがっつり愚痴の相手でもしようと
ちょっとだけ親孝行のつもりでワイン片手に行ったのに
ヌケガラのような私を看病させるはめになり
いったい何しに行ったのやら

流行りの風邪みたいです
こんなとこだけ流行最先端かよっ

突然来るので、みなさまご自愛くださいますように


February 23, 2006

サプライズレターズ

今年になってから、うれしいサプライズが続いています

幼稚園の時の、担任の先生から20年ぶりくらいでハガキをいただいたり
小学校の時に、毎日一緒に学校に行っていた友達からメールをいただいたり

子供のときは本当に目立たないようにしていて
さほど印象が強いコではなかったはずなのに
いろんな人が覚えていてくれて、懐かしいと連絡をくれる

こんなうれしいことってないです、ほんとに

私も「あの人どうしてるかなー元気かなー」なんて思ったりするけど
「覚えてないかもしれないよなー」と自己解決しがち
連絡がとれるなら、とってみるのがいいですね
私は覚えててくれたんだーってすごくうれしいです

あのー
もしここで私のことを「あ、コイツ知ってる」と思っているかた
ぜひメールください(笑)
お待ちしております


February 14, 2006

バレンタインディ

愛のカタチはいろいろってことでLISA’s CHOICEは


す き 焼 肉


チョコじゃなきゃいけないわけがない

窓の外に、小さくて赤い紙袋をもった女性が
コツコツと歩いているのを見かけました
みんなドキドキしてるのかしら
ガンバレー!
.image.jpg


February 03, 2006

マメ知識

今日は節分です
豆まきの日のマメ知識

『豆まきには悪魔のような鬼の目"魔目〔まめ〕"にめがけて豆を投げれば
"魔滅〔まめ〕"すなわち魔が滅するという意味があると考えられています
これらの意味から、豆は鬼を払う道具でありながら、鬼そのものととらえられていたようです
そのため、節分の豆まきの際は鬼である豆を家の外に投げながら「鬼は外」と唱えます

節分は厄年にあたる人が豆をまき、「鬼は外、福は内」と叫ぶのが一般的ですが
鬼を祭った神社や鬼の名前が付いた地域など鬼を悪とみなさない地方の場合
「鬼は内、福は内」と叫ぶことがあるようです
豆をまく人も、厄年の人のほか年男や年女、一家の主など地方によって様々です

また、節分の日に"福を巻き込む"太巻き寿司を
恵方〔えほう〕を向いて無言で丸かじりすると
一年間健康でいられるといわれています』

関西では恵方巻きを食べるのが一般的なようで
去年の節分の日は、あちこちで太巻き寿司を見かけました
我が家も体験しましたが、せっかくおいしい太巻きを一気に無言で食べるのは
ちょっともったいないと思ってしまった貧乏性な私
ちなみに今年の恵方は『南南東』だそうです


今年は浅草でお参りしたお豆をいただきます
普通は「年の数」食べるものですが
ここのは御祓いがなされていて全部食べるのだそうです

節分とは節分かれ(せちわかれ)、つまり季節の変わり目
風邪などひかないよう、しっかり福を招き入れましょう!
image.jpg


« January 2006 | Main | March 2006 »