« June 2006 | Main | August 2006 »

July 31, 2006

もらってばっかり

めずらしいほど予定がたくさんあった7月も、今日で終わり

ライブにも2回行ったし、久しぶりのお友達にも会ったし
尊敬するお姉さんみたいな先輩にも、猫にも会った
母に会ったのも、叔母に会ったのも、従兄妹に会ったのも久しぶり

そして、たくさん頂き物をした

母から3度のお中元と、最新の体重計
お友達からは、元気と楽しい時間
お仕事では、もったいないほどのお気遣い
夫からサプライズなプレゼント
叔母から鹿児島のお土産と浅草散歩
叔父から銀座で御寿司
従姉妹の超ラブリーな恋愛話
マリノスからは久しぶりの勝利
そして今夜は、これまた頂き物のおいしい餃子!
九州が豪雨で大変だといえば
親戚の心配をしてくれたりも、とってもうれしかった

シアワセだなー

ひとつひとつにお返しするのは、プレゼント交換みたい
おいしかったものには、おいしいものかな
これを考えるのもまた楽しい

みんなありがとう
幸せのつまった7月でした


July 24, 2006

キートス

キートス

北欧の不思議な黒いグミをいただいた

ネット検索すると、まずい!まずい!と出るばかりで
結局何からできた味なのかわからぬまま

一瞬ミントのようでニガショッパイような不思議な味、しかも黒い
北欧ではみんな大好きで、次から次に食べるような
馴染み深いお菓子だと本で読んだ

私も最初は眉間にシワだったけど、何の味かと食べていたら
だんだんクセになってきた
他に類を見ない味

キートス!私 コレ大丈夫かも!


July 22, 2006

それぞれの土曜日

今日も歯医者で消毒
抜歯後に熱が出た話をしたけど、経過は順調とのこと

ただの体調不良だったみたいです

うっすら腕を疑ってゴメンナサイ
そのせいもあるのか、ないのか今日で終わりと言われました

夫は、仕事のあとフットサルと、忙しい休日を過ごしていたので
私は髪を切りに
腰まで届きそうだった髪が若干夏仕様になりました


July 21, 2006

38.4

昨日は結局、38.4度の熱が出ました
猛烈な寒気と、布団に溶け入りそうに重い体
コントみたいに、体がガクガクブルブル
何年ぶり?の体験

今日は熱は下がったけど、ガンガン頭痛がします

歯って大変なのね


July 20, 2006

二本目の抜歯

今日も歯医者へ

左下が落ち着いてきたと思ったら
今日は左上の抜歯

すっかり検診のつもりで行ったので
心の準備も、おなかの準備もせぬまま抜歯
やっと普通に食事できそうだったのに
今日はまたオアズケ
そんなことなら、朝ガッツリ食べておくんだった

ペッとすると血が混じり、けんか気分(謎)
今夜は微熱も出てきたようです
フゥ〜


July 17, 2006

花火大会2

花火大会2

ほんとうに極彩色!


花火大会

花火大会

横浜開港記念みなと祭
第51回国際花火大会へ

約6000発の極彩色
かやくのにおいと潮の風
水面にゆれる光と響きわたる音

日本の夏です

ハマッ子の夫によるスバラシイ穴場提供に
感謝感謝の夜でした


July 15, 2006

ダイエット

ダイエットしているつもり、になることにしました

知人が、抜歯後すぐごはんを食べたと聞いたので
私は気にし過ぎだからよくないんだ!と思い
抜いた次の日の夜、夫と同じ普通のおかずを食べたら
次の日の朝からガツーンとドカーンと、モーレツな痛み
しかも日増し(苦笑)
知人とは基礎が違う、ということを痛烈に感じました

痛み止めが切れるのがハッキリわかるほど
痛みだすとコメカミまで激しい重い痛みなので
飲まないと何も集中できないのです

夫は健康だし、この暑い最中駆け回っているので
ちゃんとした夕食を、と思って一応考えながらつくるのですが
私は流動食しか食べられないので、同じものを少し分けて
プロセッサーでガーッとして、スープでのばしたりして
まるで赤ちゃんがいるかような夕食作り

入り口は工事中でも、中は至って健康なので
お風呂も運動もNGなんて、なかなかの拷問

ここはひとつ「ダイエット中なのだ」と思うことにして
食事制限気分でいるのだけれど
ダイエットの食欲は運動で紛らわしてきたので
そこは逃げ場のないトコロ

「おやしらずを抜くと小顔になる」というウワサがあるけれど
単にごはんが食べられないから若干やせる
そのせいなんじゃ?と思ったりしています


July 11, 2006

イタイ

イタイ

ずっと半分埋もれていた
左下の親不知を抜いてきました
虫歯でもないし、まっすぐなんだけど
疲れがたまると、その半分の歯茎が腫れて
疲れ倍増アイテムでした

抜くのは、麻酔でちっとも平気だったけれど
帰ってから重ーい痛みがクレッシェンド

早く解放されたいです
イタイヨー


July 07, 2006

七夕の夜

七夕の夜

月ですら うっすら


July 05, 2006

週末ライブ

週末、ライブに行ってきた
KOJIMA SWINGIN' CARAVAN 2006
場所は、九段会館の大ホール
会場もレトロなつくりで、歌の雰囲気ともピッタリ
昔、好きだった男の子に教えてもらってからドップリ
ハマル人はかなりツボだと思うのだけど
そこにハマル人がなかなか身近に多くない
わかる人がわかってればいいのよと、つい思ってしまう天邪鬼
いまだにその男子に感謝してしまうほど、とってもステキだった

ライブ後は大学時代のお友達と一杯
この彼女がまたステキ
会うたびにキラキラしていて、努力を惜しまない人
久しぶりに会ったら、さらに横のつながりを広くしていて
彼女の懐の深さが、またステキな人を引き寄せているのだなと思った
仕事柄、クリエイターの人と接することが多いけれど
本当にキラキラしていている人の多いこと
生活を楽しむことを考えていたら、人ってきっと輝いていられるんだな
楽しむってことはラクなことではないし、苦労も努力もたくさん必要だけど
他人を羨んでばかりいても、そこから生まれるものって何もない
人によって環境も幸せも違うから
そんなの気にしてたら、自分の身近な幸せも見落としちゃうよね
そういうことに気づかせてくれるひとたち、音楽、いろいろに感謝!


July 04, 2006

ヒデ引退

誇りとか責任とか、身をもって呈すという重みを
改めて考えさせられる

ここで彼のメッセージをどれだけ受け止められるかが
大事なことなのだろうな

しっかし…
彼は、誰かにすべてをゆだねて
甘えるってことはあるのかな
孤高であることも彼らしさだけれど
いつか壊れてしまうんではと
引退よりもそっちが心配だったりする老婆心


« June 2006 | Main | August 2006 »