« 新連載スタート | Main | 官能小説の挿絵 »

September 18, 2008

マッサージ

カレンダーに貼られていたスケジュールが
ようやくみんな手を放れた

右目はひと月ほどピクピクしたままだし
肩こりか頭痛かわからなくなってきたので
駅前のマッサージへ

色白の若い女性がほんわりした声で
どうですか〜
いいですか〜
と耳元で囁きながら
程よい刺激でマッサージ

私は丸い穴に顔を埋めたまま
あ゛〜 いいです〜
気持ちいいです〜
と低く呻きながら
こんな奥さんなら旦那さんは幸せだろうな
とか思う

男性の癒されたい気分がちょっとわかる

25分1735円
シアワセ


« 新連載スタート | Main | 官能小説の挿絵 »